WORK WEAR

わたし達に欠かせないワークウェア。
1950年代後半に登場したビートジェネレーションと呼ばれた若者たち“着飾らないほうがかっこいい”という感性から生まれたフロンティアスピリット。

1980年代以降、意外なところからの需要が高まり、西海岸を中心として世界中でブームが広がっていったスケーターがワークパンツを好んで履くようになり、太くて動きやすく、丈夫であるため、スケートには最適なウェアとして認識されました。

また様々な労働環境に対応するために作られた幅広いカラーバリエーションが、若いスケーターのおしゃれの琴線に触れたのであろうかと思います。

また1990年代初頭には、同じく西海岸のヒップホップアーティストにワークウェアの流行が広がりました。

今日では日常のワードローブに欠かせなくなったワークウェア。

様々なカルチャーに影響を与えたワークウェアをベースに現代にアップデートしたウェアを取り揃えました。

PRICE  |  DATE  | 

  • <
  • 1
  • >

2商品中 1〜2商品

>